塗り替え時期のサイン

お住まいの壁に触った時、手に白い粉がつくことをチョーキング現象と言います。
これは外壁に施された塗装が劣化しはじめた証拠。

そのまま放置してしまうと、外壁が水分を吸収し、コケやカビが発生したり、ヒビ割れにつながるおそれがあります。

今すぐ塗り替えが必要という症状ではありませんが、放っておくと防水機能がどんどん低下していき、雨水が浸入しやすくなるので注意が必要です。

外壁の劣化症状の中でも、目視で確認しやすいのが外壁のひび割れです。
雨水は小さな割れ目からでも浸入するため、この症状が見られる場合は直ぐに塗り替えが必要です。

症状が進行すると、建物の内部に水が入り込み構造材を腐らせたり、雨漏り発生の原因となる危険性が……
状態に応じて適切な工法を選ぶ必要があるため、ひび割れを見つけたら塗装専門業者にご相談ください。

屋外にある、屋根・階段・手すり・雨戸などは汚れが発生しやすい箇所。
カビ・錆・コケなどの汚れが発生すると、建物がもろくなり、腐食が進むだけでなく外壁の剥離など大きなトラブルに繋がることもあります。

特にサイディング外壁などは要注意!
表面に水汚れが溜まりやすいため、塗膜が劣化してしまうと、カビ・錆・コケが発生しやすくなってしまいます。

どれも住まいの美観を悪くし、建物の耐久性も下げてしまうので、このような症状を見つけた場合は早めの塗り替えをご検討ください。

塗膜が劣化すると、下地との気密性が失われていき、塗装の剥がれやめくれが発生します。

塗装が剥がれてしまうと、外壁材そのものがむき出しの状態になり、そのままに放置していると、外壁に水分が染み込み雨漏りの原因に。
外壁の剥がれは、すぐに塗り替えが必要です!

塗装の劣化を放置してしまうと発生しますが、下地材の選択ミスや、下地処理不足といった施工時の不備が原因で起こる場合もあります。